2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 万葉集中の伝承 | トップページ | 山田流斜め棒銀の裏技 »

2012年4月 3日 (火)

強い人の手

我が終盤力にはまったく呆れる限りですが。。。
というより、早指しで三段まで駆け上って来た私は最近は15分で指しているのですが、それでやってみると周りの三段の方々と読んでる量が違いすぎる!皆さん私の5倍くらい読まれてます。勝てるときは本当に運が良いなあという感じです。

001
これは先日の対局から(先手が私)。今▽7一玉と引いたところですが、後手陣は4三の地点の辺りが手薄なので、ここは先手も仕掛けたくなります。チキンな私ですが、さすがにこれを自重するのは男がすたるんじゃないかと思い、1分半近く考えて(やはりチキンですw)▲4五歩と突きました。以下▽4二飛▲4四歩▽3二銀▲5八金右▽4四角▲同角▽同飛▲8八角▽3三角▲2四歩▽同歩▲2二歩▽同角▲2四飛▽2三歩▲2八飛で第2図。
002
▲4四歩の取り込みに一回▽3二銀は必要なところでしょう。居飛車党は▽3二金とやってしまいそうな気がします。金だと、いかにも「力で行こう」という感じになるでしょう。▲5八金右に▽4四飛も考えられるところですが、本譜▽3三角までの局面と同一となります。第2図まで進んで次の▲4五歩が受けづらいと思っていましたが、実は▽3三角で簡単に受かります。▲2四歩〜▲2二歩が指しすぎでした。しかし、本譜後手の方が指された手も振り飛車らしい好手でした。
第2図以下▽3五歩▲4五歩▽2四飛(第3図)
003
▽3五歩。一瞬何も受けていないじゃないかと思いますが、▽2四飛まで絶妙な捌きでした。第3図以下は▲2四同飛と取るよりありませんが、▽8八角成▲同銀▽2四歩で後手好調です。しかし実戦は更に▲4四角▽3三角(疑問に見える。香取りは受けずに飛を打ち込まれて攻められると苦しかった)▲5三角成▽8二玉▲2八飛と自陣飛車で持ちこたえました。▽8二玉のところでも▽6二金としてとにかく先手を取ってしまう手もあったかもしれません。
進んで第4図。
004
ここでは先手角得になっていますが、後手は堅さを頼みに攻めてきます。以下▲3四歩▽2六歩▲同馬▽4五桂▲4六角▽3七桂成▲同馬▽7九銀▲7七玉▽6四歩▲2七馬▽4五歩▲同馬▽2八竜▲同角▽3八飛・・・
完全におかしくなりました。最後は意表の投了で勝ったものの、自戒の一局です。それにしても▽3五歩は素晴らしかったですね。

« 万葉集中の伝承 | トップページ | 山田流斜め棒銀の裏技 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1661201/44734957

この記事へのトラックバック一覧です: 強い人の手:

« 万葉集中の伝承 | トップページ | 山田流斜め棒銀の裏技 »