2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 振り飛車党へ | トップページ | 海行かば »

2012年5月27日 (日)

対振り穴急戦







/>





FB将棋miniはフリーソフトです。詳しくは、FAT BECKY 将棋サイトをご覧下さい。


▽6一金型の速攻を試してみましたが、こちらが後手なのでハッチを閉められてしまいます。
30手目以下角の打ち合いから香を取らせるのはやってみたかった指し方ですが、満足とは言い難いところ。本譜は39手目以下のやりとりで先手が損をしたと思われます。46手目▽6七歩が入ってしまっては後手優勢でしょう。
しかしそこからがひどかいもので、48手目は▽6八歩成で勝てたでしょうし、54手目以下57手目まで先手で桂を拾われたのも頂けません。
ですが79手目の▲2六香は筋に見えて失着だったと思います。普通に▲5二歩成とされてどうかというところですが、本譜は▽4二玉が少し気付きづらい受けでした。少し調子が戻ってきているのでしょうか。

振り穴vs居飛車急戦の形は、対照的な陣形のバトルと言えるでしょうから、個人的にはとても面白いと思っています。まあ穴熊が勝ちやすいのが実情なのですが・・・。

« 振り飛車党へ | トップページ | 海行かば »

コメント

△4二玉は並べていて「なるほどsign01」と思いました。

プロでは対振り急戦の対局が少ないなかで奮闘されているのは、すごいと思いますleo

今後も好局の紹介を期待しています。

コメントありがとうございます。
好局などと仰られては恥ずかしい限りです(笑)

思うに対振り穴急戦は斜め棒銀が比較的優秀で、
以前は棒銀で対抗していましたが斜め棒銀にシフトして勝率が良くなった気がします。
もっともそれでも半分勝てるかどうかですし、
敗譜の検討もまたの機会にしてみたいと思っております。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1661201/45433473

この記事へのトラックバック一覧です: 対振り穴急戦:

« 振り飛車党へ | トップページ | 海行かば »