2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

2012年7月30日 (月)

古今和歌集へ

 かなり間が空きましたが、万葉集の次ということで今度は古今和歌集を読んでいきたいと思います。
 古今和歌集は初めての勅撰和歌集ですが、編纂の勅令が出たのが西暦905年で、万葉集の最後の歌(大伴家持「あらたしき年の始の初春の今日降る雪のいや吉事よごと」)が759年の歌ですからそこから150年近い年月が経っていることになります。その間、公の席では漢詩文が栄えていました。
 さて、古今和歌集といえばまず連想されるのは紀貫之ではないでしょうか。編纂者の一人であり、「仮名序」を執筆したのは彼です。ちなみに序は「仮名序」と「真名(=漢字)序」と二つあり、「真名序」の方紀淑望よしもちの作です。
 「仮名序」の冒頭はあまりにも有名でしょう。

和歌やまとうたは、人の心を種として、万の言の葉とぞなれりける。世の中にある人、事・業しげきものなれば、心に思ふ事を、見るもの聞くものにつけて、言ひいだせるなり。花に鳴く鶯、水に住むかはづの声を聞けば、いづれか歌をよまざりける。力をも入れずして天地あめつちを動かし、目に見えぬ鬼神をもあはれと思はせ、男女のなかをもやはらげ、猛き武士ものゝふの心をもなぐさむるは、歌なり。
 「万の言の葉とぞなれりける」は「万葉」をイメージさせられる言い回しですが、実際に「万葉集」命名の由来の一説として「万の言の葉」というのは考えられているそうです。
 また貫之は「仮名序」の中で今で言う六歌仙を評しています。不詳の人物もいますが、貫之も「近き世にその名きこえたる人は」と言うように800年代の内に生没している人たちです。貫之評はなかなか辛口のように思われるのですが、比喩を添えてわかりやすく、また面白くなっていると思います。順に見ていくと、
僧正遍昭は、歌のさまは得たれど誠すくなし。たとへば、絵にかけるをうなを見て、いたづらに心を動かすがごとし。
 「見て」「心を動かす」の主語は読者であると解釈されます。遍昭が「絵にかける女を見て、いたづらに心を動か」されて歌を詠んだということではなく、彼の歌が「絵にかける女」のようであるということです。
在原業平は、その心あまりて言葉たらず。しぼめる花の、色なくてにほひ残れるがごとし。
 在原業平は伊勢物語の「昔男」の最有力モデル候補として知られます。「その心あまりて」とは、「誠すくなし」の遍昭とは対照的でしょう。ただし「言葉たらず」と評されています。しぼめる花のたとえもピッタリですね。
文屋ふんや康秀は、言葉はたくみにて、そのさま身におはず。いはば、商人あきひとのよききぬきたらんがごとし。
 「そのさま身におはず」は「歌の内容と釣り合っていない」というような意味で、要するに「中身がない」・・・と言ってしまうのはさすがに言い過ぎな気もします。百人一首に「吹くからに野べの草木のしをるれば、むべ山風をあらしといふらむ」(山風→嵐の技巧を含む)が採られていますが、確かに「そのさま身におはず」というのもわからないではありません。
宇治山の僧喜撰は、言葉かすかにして、始め終りたしかならず。いはば、秋の月を見るに、暁の雲にあへるがごとし。
 一言では「覚束無い」とでもなるでしょうか?個人的にはこの比喩が一番好きです。なんだかザンネンな感じが伝わってくるのですが、誤読でしょうか・・・。
 ただし貫之は「よめる歌多く聞えねば、かれこれを通はしてよく知らず。」とことわっています。
小野小町は、いにしへの衣通そとほり姫の流なり。あはれなるやうにて、強からず。言はば、よき女の悩めるところあるに似たり。強からぬは、女の歌なればなるべし。
 かの有名な小野小町。これが最も良い評のようにも思うのですが・・・。「強からず」と言ったものの「強からぬは、女の歌なればなるべし。」とフォローされています。
 ちなみに衣通姫とは、記紀に伝えられる絶世の美女で、その美しさが(衣の下から)衣を通して輝いていたのでこの名が付いたとされます。現代でそういうことを言うとちょっとアブナイかもしれませんね(笑)。古事記が伝えるところでは、同母兄で皇太子であった軽皇子と情を通じてしまい、それが原因で軽皇子は支持を失って失脚し、伊予へ流されたのを、追って行き再会し、心中しました。
大伴黒主くろぬしは、そのさまいやし。いはば、たきぎ負へる山人の、花のかげに休めるがごとし。
 「いやし」と一言でバッサリ。酷評です。比喩の方はやはり貫之一流ですね。

 また、序文の終結部は次のような力強い文章で締めくくられています。

人麿なくなりにたれど、歌のこととゞまれるかな。たとひ、時移り事去り、楽しび哀しびゆきかふとも、この歌の文字あるをや。青柳の糸絶えず、松の葉ちり失せずして、まさきのかづら長く伝はり、鳥のあと久しくとゞまれらば、歌のさまを知り、ことの心を得たらん人は、大空の月を見るがごとくに、いにしへをあふぎて今を恋ひざらめかも。
 下線は私が付加しましたが、これらの語は修飾の役割を果たしています。この荘重な修飾から、私には柿本人麻呂の長歌が連想されました。「いにしへを仰ぎて今を恋ひざらめやも」にはどこか人麻呂の「靡けこの山」と同種の感動を覚えるものと、素人ながら思います。それは迸る感情によるものでしょうか。この「今」とはもちろん貫之が生きていた「今」ですが、彼の意気込み、喜び、或いは誇りが伝わってきます。

※尚、本文の引用元は佐伯梅友校注『古今和歌集』(岩波)です。

2012年7月23日 (月)

四段昇段を目指して

 このところはRを一旦止めて、フリー早2で今まであまり指したことのない戦法(左美濃、穴熊、四間、石田etc)を試しています。もっともフリーの早2なので相手もかなり適当(と思われる。そうではなかったらすみません)なこともありますが、まずは実際に指してみていけそうな感じだったらレパートリーに加えていく方針です。特に穴熊が指せないのは居飛車党として問題のような気がします。今はあまりにも球種が少な過ぎるのです。
 さて、今日は後手早石田を指してみた棋譜を上げてみたいと思います。

先手:確か二段の方
後手:私
(24フリー早2)
▲7六歩 ▽3四歩 ▲2六歩 ▽3五歩 ▲6八玉 ▽7四歩
00
 後手早石田に対しては殆どの人が5手目に▲6八玉と上がってきます。そこで▽7四歩が趣向。本局の前にも数回試しています。

▲7八玉 ▽7二飛 ▲2二角成 ▽同銀 ▲8八玉 ▽3二金 ▲9八玉
01
 先手の二段玉を見て袖飛車にするのが▽7四歩の狙いです。▲7八玉▽7二飛となって、次に▽7五歩▲同歩▽同飛▲7七歩と進むのは先手不満でしょうからここで角を換えてきます。しかし▲8八玉は大胆な一手。これまでは皆▲8八銀としてきましたし、それが普通だと思います(1局だけ角を換えずに、▽7五歩▲同歩▽同飛の筋には▲6八玉!とされたことがありますが、さすがに自然とは言い難いのではないでしょうか)。▽3二金は隙を消して穏便ですが、どうやらここで▽7五歩と突けたかもしれません。以下▲6五角の両成には▽7六歩と取り込んで▽7七歩成▲同桂▽7六歩の筋と▽3三角の筋を見せます。最終手▲9八玉とどんどん左に行く先手玉。面白い動きだと思いました。

▽7五歩 ▲同歩 ▽同飛 ▲7八飛 ▽同飛成 ▲同銀 ▽2七角 ▲3八銀 ▽4五角成 ▲5六角 ▽4四馬
02
 なんと飛車をぶつけられました。▽7八同飛成に金と銀どちらで取るか。私は金と予想していましたが、銀で取られました。金だと6九に隙があるということでしょうか?しかし飛車交換になると▽2七角が打てます。後手が少し指しやすいのではないでしょうか。▽4五角成と中空に成ったところでは▽5四角成が自然。▲3四飛で馬をちぎり取られる!と思ったわけですがそれは勘違いで、▽4四歩で受かっています。4五に成ったせいで▲5六角と打たれて一瞬しまったと思ってしまいましたが、幸い▽4四馬と逃げた手が詰めろでした。

▲7七歩 ▽7二金 ▲4六歩 ▽5二玉 ▲8六歩 ▽5四馬 ▲8七銀 ▽2八飛 ▲3四飛 ▽4四歩
03
 馬と生角の差で優位なので、落ち着いて中住居に構えました。それから▽2八飛と下ろし、竜作りも
ほぼ確定です。例の▲3四飛が来ましたが、今度は▽4四歩の受けに気付いていました。

▲4五歩 ▽2六飛成 ▲4四歩 ▽3三桂 ▲7八金 ▽6二銀 ▲6六歩 ▽5五馬 ▲6五角 ▽5四歩 ▲5六歩 ▽4五馬
04
 先手は生の飛角が負担です。▲4五歩に▽同歩と取ると▲同角で厄介ですが、4筋は取り込ませてしまえば良いでしょう。▲4四歩で▲4四飛とぶちかまされたら▽5五馬と躱すつもりでした。が、先手はその方が優ったでしょうか。本譜は角を馬と交換しようとする動きを躱し、飛車を捕獲できました。

▲3三飛成 ▽同銀 ▲5八金 ▽4四馬 ▲6七金 ▽7三銀 ▲7六角 ▽2八竜 ▲4七銀 ▽2九竜 ▲5五歩 ▽同馬 ▲5六銀 ▽4六馬 ▲6五銀 ▽7五歩 ▲8五角 ▽5九飛 ▲8八金 ▽7九馬 迄66手で後手勝ち
00_2
 投了6手前の▽7五歩は余計。何故か▽2枚飛車の寄せが頭になく、受けようとしていました。とかなんとか言い訳をしても、こういうのは指される側からすると嫌がらせでしかありません。反省しなくてはなりません。▽7九馬と入って受けなしです。
 短手数でうまく行き過ぎた棋譜を持ってきてしまいましたが、今後もう少し研究してみたいと思います。

2012年7月16日 (月)

勝ちきる力

久々に15分でRを指しましたが、つくづく勝ちきる力がないなあと感じさせられます。












FB将棋miniはフリーソフトです。詳しくは、FAT BECKY 将棋サイトをご覧下さい。



サークルの例会で対局者を伏せて公開したところ、皆さん結構言いたい放題でした(笑)
石田流に対して4手目▽8四歩と突く形は堂々としていて良いのですが、先手から動く手が沢山あって苦労します。本譜の変化は後手が指しやすかったと思いますが、38手目▽4四角では▽3三角の方が良かったでしょうか。後で▲4五銀が角当たりになってしまったということで、まあ結果論なのですが。44手目にと金ができて相当良いだろうと楽観していましたが、59手目に払われてしまい、軽く動揺。ここから指し手がおかしくなります。ちなみに今冷静に見ると、46手目は▽8九とと桂馬を取って▽7七角成を狙うべきでした。引くのが筋っぽいと思って考え無しに引いてしまいました。
歩を沢山使って攻めて飛車を入手し▽1六歩▲同歩▽1八歩。ここではまだ良いと思います。問題は100手目の▽8二角。▲6四歩と突かれてこれは「お手伝い」でした。▽8三銀打で飛車捕獲成功!と思いきや▲6五角!が当然ながら好手。取れるはずの飛車が交換になってしまい、しかし▽7五飛と両取りで指せるかと思いきや▲5六飛の受けも見落としていました。これで完全にパニックに(笑)何もわからなくなって▽5五銀とぶった切りましたが大悪手でしょう。
しかしRは惜しいので粘ります。121手目から先手が歩で軽妙に攻めてきたのに対し、銀を一枚見切って金を囲いに貼り付けたのが勝負手です。先手にも小ミスがいくつかあったかと思いますが、144手目▽4三銀と打ちつけて4枚の矢倉が完成しました。問題は桂歩の持ち駒でどうやって攻めるかですが、146手目は▽6七銀成が良かったでしょうか。本譜▽7七銀成は▲4五歩を誘って持ち駒を増やしつつ竜を引かせる狙いですが、少し嵌め手臭いのも否めません。以下も微妙に嘘っぽい(笑)手が続きますが、158手目▽4六桂打ちが入っては少し希望が持てました。というのも銀を持てば166手目▽7五歩が狙いの一手。同飛は▽6六銀で両取りということで飛を逃げましたが、直前に▽4七歩の叩きが通っていたことと、馬を切って金を入手していたこともあり、▽7六銀から食いつける形となりました。
173手目▲9一馬を見て一瞬切らされるかと思いましたが、▽3八桂成と逆に成る手がありました。▲4九銀は仕方ない面がありますが、▽同成桂から▽8五銀とついに待望の飛を入手でき、逆転。以下は10余手で勝つことができました。諦めなくて良かったとは思いましたが、もうちょっと中終盤をどうにかせねばと反省。

2012年7月10日 (火)

リレー将棋1回戦

7日の土曜日に24リレーの予選一回戦を指しました。
私は3将(61手目〜90手目)です。











FB将棋miniはフリーソフトです。詳しくは、FAT BECKY 将棋サイトをご覧下さい。



序盤は相手方の用意の作戦だったかもしれません。2将まで快調に捌かれてかなり悲観していましたが、交代直後の▲8七香からジワジワ圧迫する方針で粘りました。桂と金駒の交換は、玉頭戦で桂が役に立ちそうだったのでむしろ歓迎と開き直りました。ただし85手目▲6一飛と▽5三歩のこちらが悪そうですね。単に▲8三桂成と取って相当だったかもしれません。最後はなんと、相手チーム内でのトラブル(?詳しくはわかりませんが)により、相手さんの途中棄権ということになりました。まあ苦しい将棋だったのでラッキーと言えばラッキーなのでしょうが、やはり最後まで指したいものですね(笑)

2012年7月 5日 (木)

早指しをやめねば・・・

漸く三段に復帰できたのは良いのですが、
早指しばかりで、だんだん将棋があらくなっているのが
自分でも良くわかります。
15分にしたいとは思うのですが、
段タブだと早指し希望が圧倒的に多いのも事実なんですよね・・・。











FB将棋miniはフリーソフトです。詳しくは、FAT BECKY 将棋サイトをご覧下さい。



超速3筋交換の趣向でしたが、いかにも変な感じでした。
角がぶつかり合って▽7五歩▲同歩▽7六歩〜▽3九角が怖くなって
▲6八飛の余地を残しながら金を這わせましたが、
まあこうやったら結局穴熊にするぐらいでしょうかね。
51手目なども取り敢えずやってみた感じで、
本当によろしくない。
猛攻を食らってしまいました。
しかし後手も66手目▽5七歩成で勝てたと思うのですが、
まあ本譜のと金も厳しいでしょう。
77手目は「角を逃げたら勝てない!」と思って
瞬時に飛車を突っ走りましたが、
良く考えるとそうでもなさそうなんですよね。
後手が歩切れになったことは認識していたので、
要するにもう少し時間を使うべきですね。
84手目は▽8七歩と勝負されてどうかと思いましたが、
▲5五飛成▽8八歩成▲同玉も勝てそうと言えば勝てそう。
ただし、▽8七歩には▲2一飛成▽1三玉▲7九角▽3五銀▲1一竜▽1二銀▲2一銀と、
8八に保険を掛けつつ後手に銀を二枚手放させるのが
速いと思います。

とはいっても「超速3筋交換」で穴熊、というのは
結構アマチュアらしいと思うので(笑)
どこかでまた使ってみても面白いかなと
チラと思いました。

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »