2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月31日 (金)

優秀な藤井流早囲い

 プロ間での流行は現在は落ち着いているようですが、こちらが後手をもってやられる度に、厄介な作戦だと思います。先日もRでやられました。











FB将棋miniはフリーソフトです。詳しくは、FAT BECKY 将棋サイトをご覧下さい。



 左美濃からむりやり先に動いてみましたが、結局同形模様に進みました。ただし、後手は48手目に▽7四銀と立てないのが泣き所で、それをやると▲6四角▽同歩▲3五歩▽同歩▲同銀▽3四歩▲2四歩!▽3五歩▲2三歩成▽同金▲4一角を食います。銀損の突撃ですが、▲6四歩▽同歩の効果で6三が空いているので、最終手▲4一角が2三金と7四銀の両取りになります。よって端歩を受けたのですが、49手目▲9六歩と先手も受ければ▽8四銀と出るつもりでした。成算はありませんでしたが、これなら一応▽7三銀型はいきるとおもいます。
 49手目▲5五歩で打開されました。▽同歩は利かされているような気がしたのですが、案外それもあったのかもしれません。いずれにせよ私は▲5五歩からの仕掛けはやや指し過ぎのように感じたのですが・・・。本譜64手目まで進んでみると、銀交換はされたものの三歩得で馬を作ってまあまあだと思います。もっとも右銀が遊んでいるのが気懸かりですが、仕方がないところです。
 65手目▲4二歩と軽くきましたが、これにはどう応じるのが良かったでしょうか。放置するのも気持ち悪いかと思い飛で払いましたが、これで飛が8筋に利かなくなってしまいました。▲5一角を打たれるのは承知の上で、70手目の▽5六歩に期待しましたが、77手目▲5六飛寄と勝負されて少し焦りました。▽6二銀と遊んでいた銀を受けに使いましたが、ここは相当怖かったです。結果的には余していたのだと思います。

2012年8月15日 (水)

まるで悪夢

 先日24リレーの予選3回戦があり、私は3将(61手目〜90手目)を務めたのですが、私に回ってきた時点でチームはかなり優勢だったのに、私が一気に負けにしてしまいました。手厚く勝とうとしたのが、手厚いどころか単なるパス(或いはそれ以下)になってしまい、悪夢のような逆転負けでした。最近私に多いパターンで、終盤力の無さが露呈しています。
 今回はやはりひどい逆転を食った将棋を上げます。






/>





FB将棋miniはフリーソフトです。詳しくは、FAT BECKY 将棋サイトをご覧下さい。



 序盤は31手目▲4五歩が工夫。棒銀系に対しては▲4六角でコビンを攻める筋が良く出てきます。対してはやはり▽7五歩と突くべきですが、ちょっと躊躇い、変化しました。しかし悪そうだと思います。
 45手目▲6六歩とされるとどうするか悩ましいところです。もちろん覚悟はして仕掛けているわけですが、全く自信がありませんでした。本譜の▲5四歩には内心ラッキーと思いました。
 角を切って噛み付かれましたが、自信がありました。しかし80手目は強く▽同金が優ったと思います。本譜は▲4五銀▽同金▲2五銀に少し慌てました。先手陣をバラバラにしましたが、93手目▲5六金の逃げに意表を突かれました。ともかく飛車を打ち、▽4六歩と叩いて結構厳しそうです。102手目ぐらいからは余裕のつもりで指していました。先手は強引に飛車を取りましたが、113手目時点で持ち駒が金一枚では後手勝ちでしょう。114手目▽5五歩から飛を成って更に手番なのでいよいよ気持ちが緩みます。いえ、緩むというのは正しくないかもしれません。震えてしまうんです。
 122手目▽7三金〜▽6五銀打。あまりにひどくて言葉を失います。本人は厚く銀を打ったつもりなのがひどく滑稽です。やるならまだ▽5三金でした。

 そもそもは局面を過大評価する傾向にあるのがいけないのですが、相手が粘って意外に耐えていたりすると、すぐに暴発してしまうのが一番弱いところだと思います。

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »